医療関係者の皆様

医療・介護の連携について

 当院がある長門保健医療圏の医師数は人口10万人あたりの比率で全国平均を大きく下回っています。あわせて医師の高齢化も進んでおり、地域の医療資源は不足しています。このように医療者の不足・偏在が進む地域では、医療・介護の機能分化と連携が増々重要となってきます。
 また、現在、各医療圏で構築が進められている地域包括ケアシステムはまさに連携体制の構築そのものと言えます。
 当院は、一般病床・地域包括ケア病床・医療療養病床を持つケアミックス病院です。急性期医療が必要となった人の診療所からの紹介、施設入所中で医療の必要性が生じた人の受入れ、日常介護が一時的に困難になった場合のレスパイト入院など地域医療福祉連携室が中心となり対応をしています。患者さんの紹介等、相談ごとがある場合はお問い合わせください。
 医療資源が不足する地域であっても、「必要とされる手が、必要とされる人へ」届くように、これからも地域の医療関係者の皆様との連携に力を注いで参ります。