本文へ移動

掲示板

スタッフのよもやま話  

その1 介護保険制度について

居宅介護支援事業所 管理者 宮本 由美子
介護保険法は1997(平成9)年12月に国会で成立し、2000(平成10)年4から施行されました。介護保険が導入されて随分経過しましたが、まだまだ知られていないのが現状です。そこで今回、制度創設した背景と目的、そして介護支援専門員(ケアマネジャー)について触れてみることにしました。
 
 ◆背景
先ず、制度創設の背景には、高齢化の進行に伴い要介護高齢者が急増し、介護問題に対する国民の不安が高まったにもかかわらず、従来の老人福祉制度及び老人保険制度だけでは、高齢者の介護問題に十分に対応できないことが明らかになりました。例えば、サービス利用の権利保障が不十分なこと、サービスが選択できないこと、所得調査等による利用への心理的抵抗、介護を理由とする一般病棟への長期入院(いわゆる社会的入院)の発生、要介護高齢者にとっての病院の生活環境の不十分さ、両制度間の利用手続きやサービス内容、利用者負担等のアンバランスといった問題が挙げられました。
介護保険制度は、こうした問題に対応し、①高齢者介護を社会全体で支えること、②利用者本位の立場から適切なサービスを総合的・一体的に提供すること、③社会保険方式を導入し、保険料負担の見返りとしてサービスが受けられることを明確にすること、④介護を理由とする社会的入院の解消を図るとともに、医療をはじめとする社会保障の構造改革を推進していくことなどを目指して創設されました。
 
 ◆目的
 介護保険制度の目的は、介護保険法第1条に次のように記されています。
(目的)
第1条 この法律は、加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病等により要介護状態となり、入浴、排せつ、食事等の介護、機能訓練並びに看護及び療養上の管理その他の医療を要する者等について、これらの者が尊厳を保持し、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、必要な保健医療サービス及び福祉サービスに係る給付を行うため、国民の共同連帯の理念に基づき介護保険制度を設け、その行う保険給付等に関して必要な事項を定め、もって国民の保健医療の向上及び福祉の推進を図ることを目的とする。
 
介護支援専門員(ケアマネジャー)は、介護保険制度の創設に伴い誕生した専門職です。要介護者等(要介護者・要支援者)が自立した日常生活を営むのに必要な援助に関する知識・技術を有しており、要介護者が適切な介護サービスを利用できるよう、サービス提供事業者等との連絡調整を行うことをその主たる職務としています。つまり、利用者の立場に立って、利用者の状況に最もふさわしい適切なサービスを確保し続け、利用者の生活の質の向上を保持できるように支援するためのキーパーソンなのです。
 居宅の介護支援専門員(ケアマネジャー)は、当初、居宅介護支援事業所のみに勤務していましたが、2005(平成17)年改正で創設された地域包括支援センターにも勤務することになりました。介護のことで悩んでいる方、介護保険のことでわからないことがある方は、居宅介護支援事業所、地域包括支援センターに相談して下さい。電話や直接足を運ばれても構いません。決して全てを解決できるわけではありませんが、少しでも本人、ご家族が望まれる生活ができるよう、一人ひとりに寄り添い、介護支援専門員(ケアマネジャー)が支援していきます。
(平成31年4月 長門時事掲載)

その2 ラジエーションハウス?

放射線部 診療放射線技師 新町浩太郎
(花も嵐も踏み越えて…)昭和13年に上映された映画「愛染かつら」。その当時から病院を舞台とした映画、ドラマに出てくるのは医師と看護師。これが発端かどうかは分かりませんが、日本において医療にかかわる職種では医師と看護師の知名度が高いのは言うまでもありません。
 
何ということでしょう。平成も最後のころとなり月9ドラマに「ラジエーションハウス」というドラマが始まりました。内容は放射線科医と診療放射線師が検査と画像診断を通じ患者さんと織りなす人間模様を描いた作品です。
 
ところで「ラジエーションハウス」って何?と思われる人も多いのではないでしょうか?原作コミックから引用させて頂くと、『私たちの知るあの診療所とは別の場所に、直接見る事の出来ない身体の中を写し、その画像から病気の診断をするスペシャリストたちがいることを、普段私たちが目にする事のないその空間を、例えばこう呼ぶとしよう!ラジエーションハウスと。』カッコいいですね。簡単に言えば放射線科医と診療放射線技師がいる“放射線科”。実際の英訳は「the department of radiology」となります。
 
診療放射線技師の役割は、放射線(主にはX線)を用い通常見る事の出来ない身体の中を画像にすることです。一般撮影(胸部、腹部、骨など)、CT、胃透視、放射性同位元素を用いた核医学検査等、またX線を用いないMRI、超音波検査を含め画像診断全般をサポートしています。加えて、放射線での癌治療。「放射線を用いた検査と治療のスペシャリストなのです。それが診療放射線技師なのである。」(特撮ヒーローもののナレーション風に言ってみました)
 
放射線科医は診療放射線技師が撮像したものから、病気を読み取り(読影と言います)レポートを作成、主治医に検査の結果を伝えています。全診療科に精通していなければ成り立たず、多くの知識経験値が必要となります。現在の医療では画像診断と診療は切っても切り離せないものとなり、実際は、主治医が依頼した検査の画像は放射線科医が診断しているのです。
 
今まで、診療放射線技師がテレビ、新聞などマスコミに取り上げられる場合、大抵不祥事。「ラジエーションハウス」の放映が始まりここぞとばかりにアピールさせて頂きました。医療職において診療放射線技師の知名度が上がれば何よりです。
(令和元年5月 長門時事掲載)
 

その3 近年増加した大腸がん 

外科医師 重田 匡利

はじめに

大腸は盲腸から肛門まで約1.6メートルで、おなかのなかを一周しています。たくさんの腸内細菌が繁殖しており食物や細菌による刺激にさらされて、さまざまな病気が起こることがありますが、なかでも大腸癌に注意が必要です。大腸癌でも肛門から近い直腸にできるものを直腸癌、それ以外を結腸癌と呼びます。大腸癌はもともと日本人には少なかったのですが2000年ごろまで患者数がどんどん増加し、以後も横這いで経過しております。2014年の男女あわせた発症者は約134千人であり胃癌を抜いて最も多い癌となりました。

 

発生と進行

大腸の粘膜に大腸癌は発生します。やがて大腸の壁深くへ侵入します。壁の外まで広がり腹腔内に散らばったり、近くの臓器を巻き込んだりします。あるいは血液やリンパの流れに乗ってリンパ節や肝臓、肺などの臓器に転移します。

 

症状

大腸癌が大きくなると出血や狭くなることで症状が出現します。便が細くなる、便に血が混じる、貧血になる、便秘や下痢を繰り返す、さらに腹痛や腹満、嘔吐が出現します。一方で早期の大腸癌は症状がほとんどありません。

 

危険因子

脂質摂取の増加、食物繊維の減少など食生活の変化が大腸癌の増加の原因と考えられています。飲酒、喫煙、肥満、糖尿病、炎症などが大腸癌と関係するようです。また親など近い家族に大腸癌の患者さまがいらっしゃるのであればそれも注意が必要です。発症年齢は50歳頃から増加し70歳頃がもっとも多いようです。

 

診断

検診では便潜血検査が行われます。診断には大腸の内視鏡検査が行われます。

 

治療

大腸癌は可能であればまずは手術で癌を取り除くことを考えます。通常の開腹手術のほかに腹腔鏡を用いた小さな傷の大腸切除が行われています。肛門に近いものでは人工肛門が必要になります。切除範囲を含めた手術内容はおおむね癌の部位と進行度で決定してしまいますが、体力や希望なども考慮して最適な治療法を選択します。大腸の完全閉塞や穿孔では緊急手術が必要になり、重態となるので注意が必要です。その一方で、ごく早期のものは大腸内視鏡で切除が可能なものもあります。大腸手術後の症状としては便通異常があります。とくに直腸術後では頻回の便通や便失禁、痛みや排便困難など強い症状が出ることがあります。予防目的あるいは転移に対しては抗癌剤治療が行われます。抗癌剤治療も近年の進歩により長期間効くようになってきました。今後もさらに良く効く治療の開発が望まれます。

 

おわりに

早期の大腸癌は治癒する確立も高いですが検診でないと見つかりません。検診をうけた人のうち大腸癌がみつかるのは0.2%とのことでありますが、ポリープなど前癌病変の切除までを含めるとそれ以上の意義があります。一説によると大腸癌検診を受けている人は大腸癌死が70%も減らせるそうです。職場検診や市の検診などの機会がありましたら受けてみてください。

(令和元年6月 長門時事掲載)

山口県厚生農業協同組合連合会
長門総合病院
〒759-4194
山口県長門市東深川85
TEL.0837-22-2220
TOPへ戻る