平成30年度 長門総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 291 71 48 69 128 168 731 1070 947 288
平成30年4月1日から平成31年3月31日までの退院患者数を年齢階級別に表したものです。
当院では、70歳以上の患者様が全体の約60%を占めています。高齢の患者様が多く入院されていることが分かります。
また、長門医療圏唯一の分娩施設であることや常勤の小児科医が在職していることもあり、10歳未満の患者様が多くなっていることも特徴です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 75 32.61 17.66 1.33% 85.87
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症-手術なし-副病:なし 46 18.33 12.58 0.00% 82.15
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎-手術なし-処置2:なし-副病:なし 38 71.95 20.92 2.63% 83.76
030400xx99xxxx 前庭機能障害-手術なし 24 5.08 5.10 0.00% 74.54
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎-限局性腹腔膿瘍手術等-処置2:なし-副病:なし 22 14.77 10.08 4.55% 76.32
内科では、心不全、腎臓または尿路の感染症、誤嚥性肺炎、前庭機能障害、胆管(肝内外)結石・胆管炎が多い症例となります。
70代から80代の患者様が入院する症例が多く、入院期間が長期化する場合もあり平均在院日数が全国平均より長くなっています。
DPCデータにより診療科別DPC14桁上位5症例を集計しています。症例数が10未満の場合は「-」で表示しています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上)-手術なし-処置2:なし-副病:なし 53 7.87 6.17 0.00% 0.00
030270xxxxxxxx 上気道炎 36 3.19 4.96 0.00% 2.69
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他)-副病:なし 35 4.40 6.19 0.00% 1.71
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎-処置2:なし 28 2.75 5.42 0.00% 4.61
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満)-手術なし-処置2:なし-副病:なし 19 4.74 5.71 0.00% 3.32
小児科では、上気道炎、気管支炎、ウイルス性腸炎、肺炎が多い症例となります。
長門医療圏の唯一の分娩施設であることや常勤の小児科医の在職の為、新生児の入院も多くなっています。
DPCデータにより診療科別DPC14桁上位5症例を集計しています。症例数が10未満の場合は「-」で表示しています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍-手術なし-処置2:6あり-副病:なし 61 3.16 4.41 0.00% 68.87
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍-手術なし-処置2:6あり-副病:なし 46 3.20 4.33 0.00% 72.50
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上)-ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 31 9.71 4.96 0.00% 74.45
060040xx99x70x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍-手術なし-処置2:7あり-副病:なし 30 3.00 4.80 0.00% 72.43
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等-腹腔鏡下胆嚢摘出術等-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 18 10.00 7.30 0.00% 67.67
外科では、結腸の悪性新生物、直腸の悪性新生物、鼠径ヘルニア、胆嚢炎が多い症例となります。
手術治療以外にも化学療法や緩和医療にも積極的に行っており、大腸の悪性新生物に対する化学療法の入院が多くなっています。
DPCデータにより診療科別DPC14桁上位5症例を集計しています。症例数が10未満の場合は「-」で表示しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折-人工骨頭挿入術 肩、股等 48 41.50 26.30 12.50% 84.50
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)-手術なし-副病:なし 44 31.30 19.61 0.00% 81.32
160610xx97xxxx 四肢筋腱損傷-その他の手術あり 23 19.70 9.49 0.00% 48.91
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。)-四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等-処置1:なし-副病:なし 21 8.91 5.59 0.00% 54.57
160780xx97xx0x 手関節周辺の骨折・脱臼-手術あり-副病:なし 21 12.52 4.13 0.00% 59.81
整形外科では、股関節・大腿近位の骨折、胸椎・腰椎の骨折、四肢筋腱損傷、骨軟部の良性腫瘍、手関節周辺の骨折が多い症例となります。
胸椎・腰椎圧迫骨折、大腿骨頚部骨折など、高齢化に伴う骨折に対する入院が多くなっています。
また包括ケア病棟を活用し、退院に向けてリハビリや退院調整を行っています。
DPCデータにより診療科別DPC14桁上位5症例を集計しています。症例数が10未満の場合は「-」で表示しています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120010xx99x40x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍-手術なし-処置2:4あり-副病:なし 16 3.00 4.79 0.00% 75.19
120170xx99x0xx 早産、切迫早産-手術なし-処置2:なし 13 17.46 19.69 7.69% 27.15
120140xxxxxxxx 流産 12 2.00 2.45 0.00% 36.83
120165xx99xxxx 妊娠合併症等-手術なし 12 11.25 11.80 0.00% 29.83
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍-子宮全摘術等 11 12.18 9.87 0.00% 47.00
産婦人科では、卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍、早産・切迫早産、流産、妊娠合併症等、子宮の良性腫瘍が多い症例となります。
※分娩は自由診療の為、症例の対象外となります。当院の分娩件数は約150件(帝王切開は含めない)
DPCデータにより診療科別DPC14桁上位5症例を集計しています。症例数が10未満の場合は「-」で表示しています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患-手術あり-両眼 225 4.05 5.39 0.44% 77.04
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患-手術あり-片眼 111 3.52 2.84 0.00% 75.55
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症-手術あり-処置2:なし-片眼 20 8.20 7.52 0.00% 65.00
020220xx97xxx0 緑内障-手術あり-片眼 14 5.79 8.00 0.00% 74.29
020160xx97xxx0 網膜剥離-手術あり-片眼 11 16.55 9.75 0.00% 67.91
眼科では、白内障・水晶体の疾患、糖尿病性増殖性網膜症、緑内障、網膜剥離が多い症例となります。
白内障の治療の為、手術を受けられる患者様が多くなっています。
DPCデータにより診療科別DPC14桁上位5症例を集計しています。症例数が10未満の場合は「-」で表示しています。
放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:あり-処置2:なし 15 2.00 3.43 0.00% 73.73
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:なし-処置2:4あり-副病:なし 12 7.00 10.00 0.00% 77.00
- - - - 23.39 - -
- - - - 14.58 - -
- - - - 29.87 - -
放射線科では、肺の悪性腫瘍に対する化学療法や緩和治療を積極的に行っており、化学療法の目的の入院が多い症例となります。
DPCデータにより診療科別DPC14桁上位5症例を集計しています。症例数が10未満の場合は「-」で表示しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:あり-副病:なし 44 2.14 2.53 0.00% 72.84
110280xx99020x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全-手術なし-処置1:なし-処置2:2あり-副病:なし 33 12.70 8.77 3.03% 70.79
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 24 10.79 12.05 0.00% 72.63
110070xx02020x 膀胱腫瘍-膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術-処置1:なし-処置2:2あり-副病:なし 14 10.07 7.40 0.00% 73.43
11012xxx040x0x 上部尿路疾患-体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき)-処置1:なし-副病:なし 14 1.57 2.72 0.00% 63.29
泌尿器科では、前立腺の悪性腫瘍、慢性腎炎症候群、膀胱腫瘍、上部尿路疾患が多い症例となります。
慢性腎不全の治療目的や膀胱癌の手術目的の入院が多くなっています。
DPCデータにより診療科別DPC14桁上位5症例を集計しています。症例数が10未満の場合は「-」で表示しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 22 8 6 25 4 21 1 8
大腸癌 6 14 24 81 6 151 2 8
乳癌 16 6 3 1 3 6 1 8
肺癌 12 3 4 6 13 33 1 8
肝癌 5 5 0 3 0 26 2 6
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
日本人に多い5大癌【胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌】について、当院で治療している患者様のステージを集計しました。ステージの数字は癌の進行によって大きくなります。当院では、さまざまなステージの患者様の治療、また5大癌以外の部位の治療も日々行っています。また癌の再発を認められた患者様も、当院で引き続き治療を継続されています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 22 26.36 58.86
中等症 4 17.5 86.75
重症 55 25.84 83.2
超重症 1 10 89
不明 - - -
家庭や職場などの日常は生活において、ウイルスや細菌等に感染し肺に炎症を起こすものが「市中肺炎」です。20歳以上で市中肺炎の治療をされた入院患者様を重症度別に集計しています。重症度は、年齢・脱水の有無・呼吸や意識の状態等で決定されます。高齢者の方は重症になりやすい傾向にあります。
【市中肺炎の定義】
①年齢が男性70歳位以上、女性75歳以上
②検査結果でBUN21㎎/dL以上あるかまたは脱水の状態
③検査結果でSPo2<=90%(PaO2 60Torr以下)の状態
④意識障害の状態
⑤収縮期の血圧が90mmHg以下の状態
※5点満点で1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点となります。
【重症度】
軽症:0点
中等症:1~2点
重症:3点
超重症:4~5点(ただしショック状態あれば1項目でも超重症とします。)
不明:重症度分類の各因子が1つでも不明な場合。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 33 115.21 79.30 15.38%
その他 6 29.50 85.00 2.56%
急性期の治療後スムーズな退院ができるよう当院では地域包括ケア病棟や療養病棟を利用していただき、退院に向けてリハビリや退院調整を行っています。地域との連携を図りケアマネージャー等介護サービスの介入や他施設との調整等、安心して退院できるように支援しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 16 1.81 10.81 0 75.25
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 12 6.42 20.83 0 70.58
K654 内視鏡的消化管止血術 10 0.8 8.8 0 63.5
- - - - - - -
- - - - - - -
平成30年4月1日から平成31年3月31日までの退院患者で、同一手術において主たる手術のみ集計した診療科別主要手術別患者数となります。創傷処理や徒手整復術など軽微な手術は集計対象外、また複数の手術を行った場合、主たる手術のみカウントしたデータの為、実際に行われた手術件数とは異なっております。
(10症例未満の症例は「-」で表示しております。)
内科では肝疾患に対する血管塞栓術や内視鏡的胆道ステント留置術が多い症例となります。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 29 1.97 6.31 0 66.41
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 24  1.58 7 0 67.83
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
平成30年4月1日から平成31年3月31日までの退院患者で、同一手術において主たる手術のみ集計した診療科別主要手術別患者数となります。創傷処理や徒手整復術など軽微な手術は集計対象外、また複数の手術を行った場合、主たる手術のみカウントしたデータの為、実際に行われた手術件数とは異なっております。
(10症例未満の症例は「-」で表示しております。)
外科では鼠径ヘルニアに対する手術が多い症例となりますが、乳癌、大腸癌、胃癌、肝癌、肺癌、膵癌など悪性腫瘍に対する手術や腹腔鏡下手術も多く積極的におこなっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 32 3.84 34.88 15.63 82.13
K0462 骨折観血的手術(前腕) 26 3.08 21.38 0 68.15
K0821 人工関節置換術(膝) 23 1.91 37 0 74.91
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(前腕) 22 1.05 4 4.55 65.86
K068-2 関節鏡下半月板切除術 18 1.44 9.22 0 69.33
平成30年4月1日から平成31年3月31日までの退院患者で、同一手術において主たる手術のみ集計した診療科別主要手術別患者数となります。創傷処理や徒手整復術など軽微な手術は集計対象外、また複数の手術を行った場合、主たる手術のみカウントしたデータの為、実際に行われた手術件数とは異なっております。
(10症例未満の症例は「-」で表示しております。)
整形外科では骨折に関連する手術が多い症例となっていますが、変形性関節症に対する人工関節置換術(膝・股)や手の疾患に対する手術も積極的におこなっています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 15 2.93 8.8 0 50.2
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
平成30年4月1日から平成31年3月31日までの退院患者で、同一手術において主たる手術のみ集計した診療科別主要手術別患者数となります。創傷処理や徒手整復術など軽微な手術は集計対象外、また複数の手術を行った場合、主たる手術のみカウントしたデータの為、実際に行われた手術件数とは異なっております。
(10症例未満の症例は「-」で表示しております。)
分娩は自由診療の為、自由診療に係る項目(自由診療の会陰切開)は含まれていません。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 314 0.88 1.84 0.32 76.38
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 42 0.62 8.6 0 69.76
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他のもの) 20 1.65 6.7 0 74.55
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 17 1.12 5.41 0 73.59
- - - - - - -
平成30年4月1日から平成31年3月31日までの退院患者で、同一手術において主たる手術のみ集計した診療科別主要手術別患者数となります。創傷処理や徒手整復術など軽微な手術は集計対象外、また複数の手術を行った場合、主たる手術のみカウントしたデータの為、実際に行われた手術件数とは異なっております。
(10症例未満の症例は「-」で表示しております。)
眼科では、白内障の患者様を多く診ていることもあり、水晶体再建術が多い症例となっています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 29 5.55 7.52 0 72.07
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 18 1.94 7.39 0 74.5
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 14 0 0.57 0 63.29
K610-3 内シャント設置術 11 4.18 11.09 0 74.55
- - - - - - -
平成30年4月1日から平成31年3月31日までの退院患者で、同一手術において主たる手術のみ集計した診療科別主要手術別患者数となります。創傷処理や徒手整復術など軽微な手術は集計対象外、また複数の手術を行った場合、主たる手術のみカウントしたデータの為、実際に行われた手術件数とは異なっております。
(10症例未満の症例は「-」で表示しております。
膀胱癌に対する手術目的の症例が多い症例となりますが、腎癌に対する腹腔鏡下の手術や腎・尿管結石に対する体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(ESWL)も積極的に行っております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 7 0.18%
異なる 13 0.34%
180010 敗血症 同一 7 0.18%
異なる 21 0.55%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 6 0.16%
異なる 1 0.03%
医療の質の改善に資する為、臨床上ゼロにはなりえないものを少しでも改善すべきものとして、播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症、手術・処置等の合併症について、入院契機病名(入院のきっかけとなった傷病)の同一性の有無を区別して対象患者と発生率を示したものです。
更新履歴