ベストプレゼンテーション賞 受賞

 平成29年10月29日に宇部市にあるYICリハビリテーション大学校において、「第33回山口県リハビリテーション研究会」が開催されました。
 山口県リハビリテーション研究会とは、山口県内の医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、義肢装具士から構成される研究会です。
 この度、当院の城市康平作業療法士が「クリニカルパスを用いた高齢者橈骨遠位端骨折に対する超早期運動療法の試み」を発表し、見事ベストプレゼンテーション賞をいただくことが出来ました。
 
 
 
 
 
 
 
 

新しい駐車場のご案内

必要とされる手を、必要とされるひとへ。
私たち山口県厚生農業協同組合連合会 長門総合病院はみなさま一人ひとりに向き合い、つねに求められるよきパートナーとして地域や社会に貢献してまいります。このホームページから「業務に関すること」や「知りたい情報」など、みなさまのお役に立てるタイムリーな情報をお届けします。